(出典 pbs.twimg.com)


カッコイイよなぁ(*´ω`*)
「結婚しよう」ってのは、今でもキュンキュンするぜ。。

グッときたぁ

1 湛然 ★

[ 2019年1月11日 22:15 ]
「耳をすませば」14歳の高橋一生の声にネット衝撃 声変わり1週間前の「奇跡」

 11日放送の日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」(後9・00)で、スタジオジブリのアニメ「耳をすませば」が放送された。

 準主役の天沢聖司の声を担当したのは、当時14歳だった高橋一生(38)。読書好きで、中学卒業後はバイオリン職人を目指しイタリアへ修行に行くという15歳の少年を声で演じている。

 「耳をすませば」は1995年7月に公開された近藤喜文監督(98年没、享年47)の傑作。巨匠・宮崎駿監督(78)が脚本・絵コンテを担当した。
読書が好きなヒロインの中学3年生・月島雫は自分が借りた本の読書カードに必ず「天沢聖司」の名前を見つけ、自分と本の好みが似ている聖司にほのかな恋心を抱く…というストーリー。

 番組の公式ツイッターでは「さわやかな聖司さんの声を演じたのは、公開当時14歳だった高橋一生さん。当時の収録から1週間後くらいに声変わりが始まったんだそうです。声変わり前の奇跡のようなタイミングで収録されていたんですね」と紹介。
また「近藤喜文監督は声の出演者を選ぶ時、“日常的な芝居が普通にできる”ことと“実年齢が持つ空気や存在感”を大事にしたいと考えていたとか。。高橋さんは声入れの前の役作りにとても苦労されたんだそうです」と裏話をつづっている。

 視聴者からはツイッターなどで「やっぱり高橋一生って声だけの演技でも上手いなぁ」「聖司くんの声が若い頃の高橋一生っていうのが衝撃すぎる」
「あの男の子がまさかの高橋一生と知って驚愕している」「声変わり前の高橋一生の声がこうやって聞けるという…耳すまは本当にいいものですね」と声変わり前の高橋の声に衝撃の声が並んだ。


高橋一生 Photo By スポニチ

(出典 www.sponichi.co.jp)

1995年、「耳をすませば」完成披露試写会に出席した高橋一生 Photo by スポニチ

(出典 www.sponichi.co.jp)


https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/11/kiji/20190111s00041000329000c.html





9 名無しさん@恐縮です

>>1
高橋君は僕の仲間だね

        庵野秀明


82 名無しさん@恐縮です

>>1
いや、ある日突然声変わりするもんと違うで?


2 名無しさん@恐縮です

セリフ棒読みでワロタ


40 名無しさん@恐縮です

>>2
それがいいんじゃないの中学生っぽくて


3 名無しさん@恐縮です

整形する前ブサイクなんだよな
今もブサイクだけど
 


6 名無しさん@恐縮です

高橋一生
星野源
田中圭

ここら辺の良さわからん(´・ω・`)


71 名無しさん@恐縮です

>>6
一生   歳のわりに顔がキレイ
ホシゲン 多才 あざとく加減上手
       (本当は恋人とバンドを切り捨てる薄情者)
たなかけ 事務所の営業力


7 名無しさん@恐縮です

日村そっくりな人か…(´・ω・`)


26 名無しさん@恐縮です

>>7
確かに


8 名無しさん@恐縮です

二十四年前かよ


51 名無しさん@恐縮です

>>8
なんだろうこの胸の痛みは


11 名無しさん@恐縮です

耳をすませばって何それ?感じだったけど

観たらめちゃめちゃいい映画じゃねーか

爽やかで良かった

ハウルとかポニョより遥かにいい


13 名無しさん@恐縮です

>>11
ポニョとか病みすぎだからな


55 名無しさん@恐縮です

>>11
おっさんになってから見るとグッとくる映画


16 名無しさん@恐縮です

靴職人の彼はこの映画の影響を受けてると思う


32 名無しさん@恐縮です

>>16
修行年数は影響受けなかったみたいだ


43 名無しさん@恐縮です

>>17
監督は宮崎駿じゃないぞ


20 名無しさん@恐縮です

今まで知らんかった
みんな知ってたの?


22 名無しさん@恐縮です

>>20
みんなは知らないよ
まだ10回くらいしか放送されていないからね


57 名無しさん@恐縮です

>>28
懐かしい


30 名無しさん@恐縮です

>>23
原作代が激安だからでは?

ジ▶ジブリの原作に使うから0円でいい?
柊▶えええええ!!!お願いします!

こういうことだろ


39 名無しさん@恐縮です

>>23
星の瞳のシルエットも知らずに何を


59 名無しさん@恐縮です

>>23
ジブリのオタクレーダーを舐めてはいけない


61 名無しさん@恐縮です

>>23
名作星の瞳のシルエット読め


76 名無しさん@恐縮です

>>23
当時250万乙女のバイブルだったりぼんで、柊あおいの星の瞳のシルエットはときめきトゥナイトとツートップだったんだぞ。


90 名無しさん@恐縮です

>>76あたしはその二作品とも大嫌いだったわ!w
いい子の主人公が永遠にぐずぐずしてる恋愛ものでさぁ…w
読んでいてムカムカした記憶しか残ってないww
確かに人気はあった。

有閑倶楽部が好きだったなあ…。

耳をすませばの主人公はサッパリしてる女の子なのに
柊あおい作品とは知らなかった。意外…


79 名無しさん@恐縮です

>>23
りぼん最強か


80 名無しさん@恐縮です

>>79
あの頃のりぼんは最強だったよ。
捨て漫画がほぼ無しだった。


85 名無しさん@恐縮です

>>23
でも柊あおいといえば
耳をすませばと銀色のハーモニーは
単行本持ってたな
この人水沢めぐみとか吉住渉と仲良かったイメージ


97 名無しさん@恐縮です

>>23
ママレード・ボーイ実写化されたんだぜ


24 名無しさん@恐縮です

変声期

(出典 Youtube)


35 名無しさん@恐縮です

>>24
何これ
怖エエェ


46 名無しさん@恐縮です

>>35
これはNHKの古い音声ドキュメンタリーで長期間連続で子供の変声期を録って実験したやつ
40年以上前で時代が違いすぎてこの過度に修辞的な文章と無機質な喋りと眠れ眠れの繰り返しが不気味に感じるが、
一部地方の学校では変声期がどういうことか教えるための教材として使われてて都市伝説というかトラウマ教材となっていた
そのせいか、TVでも何回か取り上げられてる

ナイトスクープで調べたらこの古庄紋十郎君は高校生の時に事故死しちゃったらしい


89 名無しさん@恐縮です

>>46
あっしには関り合いのないことでごさんして…


と、冗談さておき
ググったら1976年に少なくとも大学で論文発表しとるで
その後まもなく亡くなったらしい


50 名無しさん@恐縮です

>>24
くっっっそ懐かしいw
これ学校で聞いた世代は少なくとも不惑


44 名無しさん@恐縮です

HEROの初回シーズンに出てたな
ぽちゃぽちゃで荒川良久みたいだった


47 名無しさん@恐縮です

>>44
出てたの!?知らなかった


62 名無しさん@恐縮です

>>44
サッカー場借り切ってサッカーしたガキだっけ?


48 名無しさん@恐縮です

星の瞳のシルエットが人気爆発してた頃ってりぼんも一番売れてた頃だもんな
表紙に200万乙女がなんちゃらかんちゃらって書かれてたっけ
ジャンプもそうだったから集英社黄金期

耳をすませばって雑誌掲載したっけ?
コミック書き下ろし?


75 名無しさん@恐縮です

>>48
りぼんで連載したよ。


68 名無しさん@恐縮です

いろいろヤバいよね
好きな女の気を引くために先回りして本借りまくるとか


95 名無しさん@恐縮です

そんなに若かったんだ


96 名無しさん@恐縮です

だいぶ声違ったもんな


100 名無しさん@恐縮です

若い頃はアホくさくて見てられんかった
年食ってから子供の恋愛を微笑ましく見るアニメ




こちらもおすすめ!

>

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット